ナビゲーションでJavaScriptを使用しています。JavaScriptを使用可能にするか、JavaScript対応のブラウザで閲覧してください。

2015.02.19

マカフィー社製ウイルス対策エンジン搭載
ウイルス対策機能付きUSBメモリ ソフトウェアアップデートのご案内

弊社製品をご愛用頂き、誠にありがとうございます。
このたび、マカフィー社製ウイルススキャンエンジンを搭載したウイルス対策機能付きUSBメモリにおきまして、マカフィー社製ウイルススキャンエンジンのアップデートを含むソフトウェアアップデートを行う運びとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。

-記-

■ アップデート公開日:

初期化ツール兼アップデートソフト公開日 : 2015年2月19日(木)
インターネット経由の自動アップデート開始日 : 2015年2月26日(木)

■ アップデート対象製品およびアップデート内容:

[対象製品]

マカフィー社製ウイルス対策エンジン搭載 ウイルス対策機能付きUSBメモリ

インターフェース モデル名 型番
USB3.0 スタンダードモデル HUD-PUVM3**GA#
管理者用ソフト対応モデル HUD-PUVM3**GM#
USB2.0 スタンダードモデル HUD-PUVM**GA#
管理者用ソフト対応モデル HUD-PUVM**GM#

※その他、派生型番製品も対象となります。

※型番の「**」にはメモリ容量(02/04/08/16/32)、「#」にはライセンス年数(1/3/5)が入ります

[アップデート後のソフトウェアバージョン]

Ver.380

[アップデート内容]

McAfee Anti-Malware Engine 5700のサポート

・Windows2000のサポート終了

 ※ McAfee Anti-Malware Engine 5700はWindows2000上では動作しない仕様となっております。

  Windows2000で使用した場合、警告画面が表示され、ウイルスチェック機能が動作しません。

・その他バグ修正

■アップデート方法:

<初期化ツール兼アップデートソフト>

手動でソフトウェアのアップデートを行うための「初期化ツール兼アップデートソフト」をダウンロードし、対象製品に適用することでソフトウェアのアップデートを行うことができます。
「初期化ツール兼アップデートソフト」のダウンロードとアップデートの手順は、下記URLを参照してください。

http://www.hagisol.co.jp/download/sec_usb/20150219/index.html

<インターネット経由の自動アップデート>
1:インターネットに接続しており、最新パターンのウイルス対策製品がインストールされている
  PCへ対象製品を接続してください。
2:マイコンピュータ上に「SecurityUSB」と「リムーバブルディスク」のドライブアイコンが表示されるので、
  「SecurityUSB」ドライブをダブルクリックするか、「SecurityUSB」ドライブ内の「startup.exe」を
  ダブルクリックしてください。
3:ソフトウェアの新バージョン(アップデート)があると下記の画面が表示されます。
  [ダウンロード]をクリックすると、ソフトウェアの新バージョンのダウンロードが開始されます。
4:ダウンロードが完了すると下記の画面が表示されます。
  [OK]をクリックすると、ソフトウェアのアップデートが開始されます。
5:画面の指示に従ってアップデートが完了すると下記の画面が表示されますので、
  [OK]をクリックしてください。
6:以上でソフトウェアのアップデートは完了です。

※ パスワード入力画面の「ツールメニュー」からもソフトウェアアップデートが可能です。 詳しくは対象製品の取扱説明書をご参照ください。

以上

このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ