サポート(Q&A)

最終更新日: 2012/06/20

製品仕様について


■製品シリーズ

Q1. HFDシリーズ・MFDシリーズとMCFシリーズの違いは?
【回答】
HFDシリーズ、および MFDシリーズは、ATA規格ハードディスクおよびSSDとの互換を目的とした固定ディスクです(SSD若しくはNANDフラッシュメモリドライブと呼称)。 MCFシリーズは、CompactFlash規格カードとの互換を目的としたリムーバブルディスクです(CompactFlashと呼称)。 それぞれホスト機器とのインタフェースにおけるDC特性、AC特性、およびアクセス方式が異なりますので、詳しくは、製品仕様書若しくは納入仕様書をご確認戴くか、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。

■製品容量

Q1. 製品容量ラインナップは?
【回答】
Mシリーズは1GB未満の小容量帯から、HFDシリーズは64GBの大容量帯まで取り揃えております。詳しくは、製品仕様書および納入仕様書をご確認戴くか、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。
関連HPリンク:http://www.hagisol.co.jp/products/index.html
Q2. NANDフラッシュのプロセスがシュリンクされた場合、各製品容量(CHSおよびMax LBA値)に変更はありますか?
【回答】
NANDフラッシュのプロセスが変更となった場合、同容量帯におけるCHS値およびMax LBAの値に変更を伴う場合がございます。詳しくは、製品仕様書若しくは納入仕様書をご確認戴くか、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。

■転送速度

Q1. カタログおよび仕様書に記載されている転送速度の条件は?
【回答】
転送モード:Ultra DMA mode4 での測定結果となります。

■動作電圧

Q1. 保証電圧範囲外の動作についてメーカ保証は可能ですか?
【回答】
メーカ保証はできません。 動作電圧範囲は、製品仕様書および納入仕様書に記載されている動作を実現するために、必ず守るべき条件です。絶対最大定格を超えなくても、動作範囲を超えて使用した場合には、デバイスの動作および電気特性に関する仕様を満足できないことや、信頼性の低下につながることがあるため、機器の設計に際しては十分にご配慮をお願い致します。

■消費電流

Q1. 書き込み、読み込み およびアイドル状態での消費電流値は?
【回答】
各製品に依存致します。詳しくは、製品仕様書および納入仕様書をご確認戴くか、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。
Q2. 仕様書に記載されている消費電流値の計測条件は?
【回答】
CFA規格にて定義されている条件(セクタカウント128でのRMS値)にて計測しています。 転送モード:Ultra DMA mode4 での計測となりますが、動作モード、セクタカウント、データパターン、およびコンデンサ容量等のホスト環境にも依存致しますので、ご参考値としてお取り扱い下さい。

■保存温度・湿度

Q1. 製品を保存する場合の温度・湿度について規定はありますでしょうか?
【回答】
長期間の保管(保存)については、温度と湿度は、5~35℃、40~70%を目安とし、温度変化の少ない場所に保管してください。 一般的に半導体製品の故障率は、温度により加速されるため、発熱元の近くや、放射熱の影響を受けない場所での保管(保存)をお願い致します。 水濡れの可能性のある場所、直射日光のあたる場所、静電気などの外来ノイズが発生する場所、有毒ガス (特に腐食性ガス) の発生する場所や塵埃の多い場所では、保管(保存)しないでください。

■動作温度・湿度

Q1. 製品を使用する場合の温度・湿度について規定はありますでしょうか?
【回答】
各製品仕様書に記載されている範囲にてご使用下さい。なお、動作温度についてはTa(雰囲気温度)にて記載をおこなっております。 一般的に半導体製品の故障率は、使用温度により加速されるため、CPUおよび電源部などの発熱元の近くや、放射熱の影響を受けない場所、方法を持っての設置をお願い致します。また、小型の筐体内部など比較的部品が密集していたり、気密性の高い環境でのご使用の際には、強制対流を発生させる等の対策を施される事を推奨致します。

■動作モード

Q1. サポート可能な転送モードは?
【回答】
<HFDシリーズ/MFDシリーズ>
Information Technology - AT Attachment with Packet Interface Parallel ATA (PIO mode 0-4 / Multiword DMA mode 0-2 / Ultra DMA mode 0-5) * MFDシリーズは Ultra DAM mode 4まで Serial ATA (GenerationⅠ/1.5Gbps)

<MCFシリーズ>
CF+ and CompactFlash Specification PC Card Memory Mode、PC Card I/O Mode、Ture IDE Mode (PIO, Multiword DMA, Ultra DMA)

■フォーマット形式

Q1. 出荷時はフォーマットされていますか?
【回答】
<HFDシリーズ/MFDシリーズ>
SSD : 特定のデータパターン(出荷時はファイルシステムでのフォーマットは行われておりません) ※カスタムにてフォーマット済みにて出荷対応可能となります。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。

<MCFシリーズ>
CompactFlash : 製品容量2GB以下はFAT16/製品容量4GB以上はFAT32

■詳細仕様

Q1. 搭載されているコントローラの型番は?
【回答】
各製品シリーズ、および製品容量に依存します。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。
Q2. 搭載されているNANDフラッシュの型番は?
【回答】
各製品シリーズ、および製品容量に依存します。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。
Q3. 確保されている代替ブロック数は?
【回答】
各製品シリーズ、および製品容量に依存します。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。
Q4. 製品の管理Block・Pageサイズは?
【回答】
各製品シリーズ、および製品容量に依存します。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。


お客様サポートについて


■製品保証

Q1. 製品保証期間は?
【回答】
弊社を出荷後1年となります。保証期間内において無償にて製品の代替、RMAおよび解析対応を致しております。2年目以降は、有償でのRMAおよび解析対応となります。 製品はEOLの案内の後、生産終了となりますが、その後一定の期間を以って有償でのサポートについても終了とさせて頂いております。生産終了製品、保守終了製品につきましては、弊社代理店よりのご案内または弊社HPにて順次ご案内させて頂きますのでご了承願います。

■寿命診断

Q1. 旧製品での寿命診断は可能ですか?
【回答】
寿命診断は、SSD製品の新規導入に対して提供させて頂いているサービスとなります。従いまして、旧製品に対しての診断はお受け致しかねますのでご了承願います。 また、USBメモリを含めた一部のリムーバブルディスクはサービス対応外となります。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。
Q2. 寿命診断レポートの診断結果は保証されますか?
【回答】
寿命診断レポートの結果に対しての保証は致しかねます。参考値としてご活用下さい。

■パラメータシート

Q1. パラメータシートの発行は依頼可能ですか? 「仕向先国名」が複数の場合、依頼書等は複数枚必要ですか?
【回答】
パラメータシートの発行は可能です。詳しくは、弊社代理店若しくは、担当営業までお問合せ下さい。 ご依頼の際、「仕向先国名」、「輸出先名」が複数の場合には、複数ご記載下さい。「仕向先国名」、「輸出先名」がお分かりにならない場合には「未定」と記載ください。※空白は記載漏れなのか判断がつかないため、記載をお願いします。                                          なお、「対象製品名」が複数ある場合には、1製品に対して1依頼書を発行して頂くようお願い致します。

■関連規格書

Q1. 各団体規格書について開示は可能ですか?
【回答】
各規格書についての弊社よりの開示は致しかねます。お手数ですが、入手につきましては所定の規格団体問合せ口までお問合せをお願い致します。
  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ