2017/08/24  
  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ

産業機器向けDDR4メモリモジュールの新ラインナップ
DDR4-2400を搭載した
PC4-19200規格のメモリモジュールを発売

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、取締役社長:葉田順治)は、産業機器向けにDDR4-2400を搭載したPC4-19200規格のDDR4メモリモジュールを9月中旬より新発売いたします。

本製品は、産業機器分野に求められる“安定稼働”と“耐環境性”を備えたDDR4メモリモジュールで、好評発売中のPC4-17000規格のメモリモジュールより高速な処理を可能にするPC4-19200規格に対応しています。
260pinタイプのDDR4 SO-DIMMと288pinタイプのDDR4 U-DIMMの2タイプを揃え、それぞれにECC非対応(Non Parity)モデルとECC対応モデルをご用意しています。

端子部分には、JEDECで推奨されている接触信頼性の高い30μinch厚の電解金メッキ端子を採用することで、振動や衝撃に対する信頼性を高め、さらに搭載する主要部品を固定して徹底した品質管理のもと、認定された指定工場で生産することで、産業機器分野で求められる互換性と高品質を確保しております。

また、電気・電子機器に関する特定有害物質の使用制限についてEU(欧州連合)が決めた「RoHS指令」に準拠し、RoHS指令の対象物質である鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルという6物質の使用を制限した原材料によって製造されています。

なお、ご使用になるにあたって各種資料が必要な場合、RoHS証明書、信頼性レポートなどの各種ドキュメントのご提供が可能になっています。


260pin DDR4 SO-DIMM(Non ECC)

288pin DDR4 U-DIMM(Non ECC)

260pin DDR4 SO-DIMM(ECC)

288pin DDR4 U-DIMM(ECC)

製品特長

  • 搭載する主要部品を固定することで高い互換性を確保
  • 端子部分はJEDECで推奨されている接触信頼性の高い“30μinch厚”の電解金メッキ端子を採用
  • 徹底した品質管理のもと、認定された指定工場で生産
  • 「RoHS指令(電気・電子機器に関する特定有害物質の使用制限)」に準拠
  • RoHS証明書、信頼性レポートなどの各種ドキュメントの提供が可能

製品ラインナップ

260pin DDR4 SO-DIMM
チップ規格 モジュール規格 動作温度 ECC メモリ容量 DRAM構成 製品型番
DDR4-2400 PC4-19200 0~85 ℃ Non ECC 4GB 512M×8bit GN19N004GN-S5819L0
8GB 512M×8bit GN19N008GN-S5819L0
16GB 1G×8bit GN19N016GN-S6819L0
ECC 4GB 512M×8bit GN19N004GE-S5819L0
8GB 512M×8bit GN19N008GE-S5819L0
16GB 1G×8bit GN19N016GE-S6819L0
288pin DDR4 U-DIMM
チップ規格 モジュール規格 動作温度 ECC メモリ容量 DRAM構成 製品型番
DDR4-2400 PC4-19200 0~85 ℃ Non ECC 4GB 512M×8bit GD19N004GN-S5819L0
8GB 512M×8bit GD19N008GN-S5819L0
16GB 1G×8bit GD19N016GN-S6819L0
ECC 4GB 512M×8bit GD19N004GE-S5819L0
8GB 512M×8bit GD19N008GE-S5819L0
16GB 1G×8bit GD19N016GE-S6819L0
ハギワラソリューションズ株式会社はエレコム株式会社のグループ会社です。
このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る