2012.06.19

オフライン端末のウイルスチェックツール
「ワクチンUSB」のログ管理ソフトウェア
「Log Manager/ログマネージャー」発売

ハギワラソリューションズ株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:葉田順治)は、オフライン端末のウイルスチェックツール「ワクチンUSB」と、ウイルスチェック機能を搭載したUSBフラッシュメモリ「ディフェンスUSB」のログを集中管理するためのサーバーソフトウェア『Log Manager(ログマネージャー)』の提供を、2012年6月下旬より開始いたします。

ワクチンUSB用管理ソフト「ログマネージャ」

■製品概要

 製造・検査装置や医療機器などに接続された業務用端末などの特定用途クライアント端末は、容易に工場出荷時点の状態からソフトウェアを追加インストールできない場合が多くあります。 また、これらの特定用途クライアント端末は、インターネットやネットワークに接続しないスタンドアロン環境や、一般の端末とは切り離して別のネットワーク環境といったオフライン環境で運用されていることが多くあり、ウイルス対策と端末の資産管理が課題となっています。

そこで、好評発売中のオフライン端末向けウイルス対策製品「ワクチンUSB」と「ディフェンスUSB」(以下、「対象デバイス」)のログデータ(ウイルス検知情報や接続した端末情報等)を収集し、データベース化するサーバーソフトウェア「Log Manager(ログマネージャー)」を開発。

「Log Manager(ログマネージャー)」を導入することで、管理が煩雑となっていたオフライン端末向けウイルス対策製品の運用状況とオフライン端末の資産情報を、管理者が集中管理することができるようになります。


・ワクチンUSB
ワクチンUSB 対象端末がウイルスに感染していないかチェックするツールです。
対象端末に接続すると自動的にウイルスチェックが開始。
チェック結果は本体の赤/青LEDで通知します。
・ディフェンスUSB
ディフェンスUSB ウイルス対策機能を搭載したデータ授受用のUSBメモリです。
ウイルス感染ファイルが書き込まれようとすると削除するので、
USBメモリを媒体としたウイルス感染を防止できます。

■機能/特長

・ 対象デバイスのウイルス定義ファイル更新時に、自動的にログデータを指定サーバーに送信します。 ユーザーが特別な操作をする必要はありません。

・ ログデータをデータベース化して集中管理できます。 対象デバイス毎の使用状況、ウイルス検知情報、ライセンス期間の管理と、対象デバイスを接続した端末の資産管理ができます。 また、対象デバイスと対象デバイスを接続した端末、それぞれを検索キーとしてデータベースから情報を表示させることができます。

・ データベースはブラウザ経由で閲覧可能です。 ユーザー権限の設定ができるので、対象デバイスの使用状況を社内ネットワーク環境内にある現場のPCで確認することもできます。


画面イメージ
(画面イメージ)

■製品構成とライセンスについて

「Log Manager(ログマネージャー)」の機能を利用するには、サーバーソフトウェア「Log Manager(ログマネージャー)」に加え、「ワクチンUSB」と「ディフェンスUSB」にログデータを自動的に「Log Manager(ログマネージャー)」に送信するための機能を付加する「連携ソフトウェア」ライセンスが必要になります。

 ・ Log Manager(ログマネージャー)

製品型番:HUD-LM100H
定価  :200,000円(税別)
※別途、初年度から保守/サポート費が必要となります。

 ・ 連携ソフトウェアライセンス

Log Manager(ログマネージャー)で管理する対象デバイスの合計本数に応じたライセンスが必要になります。
管理するデバイス合計本数 製品型番 定価(税抜)
1~50本 HUD-LMH50L 80,000円
51~100本 HUD-LMH100L 150,000円
101~200本 HUD-LMH200L 276,000円
201~500本 HUD-LMH500L 600,000円
501~1,000本 HUD-LMH1000L 1,100,000円
※ライセンス期間は1年となります。
※別途、初年度から保守/サポート費が必要となります。


このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
▲ページTOPへ戻る

  • さまざまな条件を満足させるロジテックのカスタムコントローラ